×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


店長紹介

長内虞渕(おさない・ぐえん)

樹木医・盆栽師。本名・一貴(かずたか)
1975年大阪府生まれ
 
大学在学中に樹木医資格を取得。
卒業後、5年間の修業を経て2002年に樹里庵を開く。
 
樹木医の知識と植物学を応用した独自の手法には定評がある。
 
またツバキやスミレ、稀少植物などの研究でも知られ、
NHK「ほくほくテレビ」の「手乗りのお兄さん」でもおなじみ。
 
最近は絶滅危惧植物の保護繁殖や伝統文化を通じた交流事業をはじめ、
自ら発案した屏風や扇掛を使った席飾りを提唱するなど積極的な活動でも知られている。
 
札幌盆栽会会員


《主な活動》
02年〜04年 個展(年1回)開催
05年〜07年 「子供のための盆栽教室」開催(終了)
02年〜現在 稀少植物保護繁殖活動(展開中)
04年〜現在 オフィシャルブログ「ミニ盆栽の部屋(現「樹里庵だより」)」開設(展開中)
07年〜現在 屏風、扇掛などを使った席飾りを提唱開始(展開中)
07〜08年 (社)全日本小品盆栽協会協会員として普及活動を展開。

TOPに戻る